スポンサード リンク

2006年06月25日

DVDが届きました!

カーカからDVDが届いた。
カミサンと一緒にビールを片手に見た。

清里での休みの時のものから、ユウタの初プール。
そして、ショウゴ、ケイスケ、ユウタを連れての
多摩テックでのカーカの奮闘まで、盛り沢山の映像を楽しんだ。

ユウタの初プール。
とにかくユウタはニコニコしていて実に嬉しそうだった。
姿、形はカーカの小さい時にソックリ。
女の子みたいに可愛い様子があった(じじばばバカだねー!)。
グランパもカミサンも思わず「ソックリだねー」といって、
子どもの時のカーカを思い出していた。

多摩テックへは久しく行っていないのだが、
こんなに沢山の乗り物が増えていたとは知らなかった。
3人が乗ったものは、
いや一人では乗れないものが多く、
ほとんどカーカが一人ずつ乗せていたようで、
一番楽しんだのはカーカかもしれない。

スーパースカイライダー、デンタのちんちん電車「テックン」、
4Dモーションシアター、ロードスター、キッズドライブ、
ピピラのボールパラダイス、大観覧車「トップキャビン」、
バイクパレード、コチラちゃんのプチプレーン、
チララちゃんのフラワーカップ、
キッズバイク等々しっかりと4人で楽しんでいる姿が映し出されていた。
その上、自動車の免許書まで発行されていて、
点数によってはゴールド免許書をもらえるらしい。
ケイスケがもう少しでもらえるようだったが、
結局3人とも普通免許になって、首からぶら下げていた。 

トートがサラリーマンのため、一緒ではなかったのが残念だが、
その分カーカが一人二役で頑張っていた。

『 「冒険」「体験」「発見」のまちプッチタウン!
ぼくたちの街に遊びに来てね! 』
 と、のりものガイドに書いてあったが、
なんとなくこのブログのタイトルににているような気がしました。

こんなチョットした遊園地の出来事が、
また親子の絆を強くしていくのだと実感しているグランパでした。
子どもたちの心のなかにおかれる記憶は、
大きくなって忘れてしまうことが多いけれど、
深層心理のなかにはシッカリと刻み込まれているのではないかと思います。
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記

2006年06月21日

ユウナとママがスタジオパークへ!

mixiの日記にユウナのことが書いてあったので、紹介します。
書き手は、ママ。
チビとはユウナのこと。

SNSが大流行で、いろいろなSNSが増えてきました。
グランパも三つほどのSNSに招待されて入っています。
参加希望の方があればご招待しますよ。

『 今日は、「NHKスタジオパーク」へ行ってきました☆

行ってみると、色々なスタジオで収録しており、
まず始めは入り口付近のスタジオで、『ノッポさんとゴン太君』に会い、
次は大河ドラマのスタジオで、ドラマ収録。
その後は朝の連続ドラマ。

今日は「おかあさんといっしょ」の収録があるとの事で、
一旦お昼を食べに外へ。

戻ってくると、やってるやってる!!
目下には『しょうこおねえさん』をはじめ、いつもテレビで見るメンバーが!
チビはスプーに大喜び☆(ジャコビに会えなかったのが残念)
収録、ホントに順番通りに撮ってるんだねー。


チビは、スタジオに入って本当に踊りたかったみたいだけど、
あれって募集かけてるのかなー??
まぁ、3才にならなきゃダメと思うけど、、、
誰か知ってる人いるかな?


私的には、『どーもくん』やっぱかわいい♡


ちなみに、土曜・日曜は「わんわん」「スプー」と
記念写真が撮れるらしい。  』

楽しそうな姿が目に浮かびますね。
ユウナ!今度はグランパとグランマと一緒に行こうね。
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記

2006年06月20日

あなたはもっと輝ける人です!

「 あなたはもっと輝ける人です 」
(ひろはまかずとし著 河出書房新社発行)を読んだ。

ほんの30ページほどの小さな薄い本で、
  しかも絵と大きな文字で書いてあるので、1,2分で読めてしまう。
  しかし、その内容は深く、繰り返し何度も読んでいると、
  心の中でドンドン広がっていく。

  そんな素敵な本の一部を紹介しよう、

「 無理しなくてもいいんだよ
   ただしたい事を
    おもいっきり
     するだけで
  あなたは
   もっと
  輝けるひとです 」

「 ふりむいて
  ばかりいるから
  先が見えないのは
  あたりまえでしょ 」

「 あなたには
   まぶしいくらい
  輝いて
     ほしい 」

カミサンやムッチーグランパ
そして子どもたち、孫たちの
心の中にソーットしまっておきたい言葉だと思います・・・。

あなたの心の中にも。
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 04:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | グランパの日記

2006年06月17日

ケイスケの誕生日!

ケイスケの誕生日プレゼントを買いに行く為、
近くのスーパーでカーカ、ショウゴ、ケイスケ、ユウタと会った。
サイパンに行っていたので誕生日祝いが出来なかった。
今日それを実現させることにしたのだ。

昼間、電話しても留守なので、どこかへ買い物かと思っていたら、
多摩テックへ4人で行って来たとのこと。
マックでバーガーを食べながら、3人とも興奮して話していた。
よほど楽しかったのだろう。
ユウタも一生懸命話すのだが、頭の中と口が合わず、
話をお兄ちゃんたちに取られてしまっていた。
ケイスケはポケモンの指人形を三つ買ってもらって喜んでいた。
安く済んだナー。

夜、タマゴッチをやりに行ってもいいかと電話。もちろんOK。
また3人でそれぞれのPCを使って遊んでいた。

posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記

ユウナのお家へ!

大雨の中、
都内の仕事の打ち合わせの帰りに、カミサンとユウナに会いに行った。
サイパンのお土産を渡すのが目的。
その後の食事もだが・・・・。

久しぶりに会うユウナはやはり成長が著しい。
また大きくなって、話すことも、聞くこともシッカリしてきて、
すっかりオシャマになってきた。
ピンクのTシャツが似合いそうだと買ってきたのだが、
予想通り良く似合って可愛かった。

パパも珍しくいたので、ピザを取って一緒に食事を・・・だったが、
これから出かけるとのこと。
ほんのわずかの時間だけ一緒だった。

お土産のボジョボー人形は、
以前はサイパンではとても安いものだったのだが、
テレビで何度か放映されてから、値段が急騰した。
偽者も多く出回っている。

ムッチーグランパのものは、
サイパンで、実際に作っている工場へ行って、
仕入れてきたものなので、間違いないホンモノ。

大きいもの、中くらいのもの、小さいものの三種類があり、
ユウナのところへは、中くらいのものをお土産にした。
小さいものは、ほしい人がいれば売ってもらおうと考えている。
ママの腕次第というところ。

このボージョボー人形は、
サイパンのガラパンで毎週木曜日のストリートイベントで売っている。
もちろんグランパが行った工場製品が。

それぞれ、腕の結び方で異なるチャモロの願掛けを実践して、
望みをかなえてほしい。

子どもたちの夢、大人たちの希望がかなうと云われている、
このボージョボー人形が日本に紹介されたのは、
ある芸能人だと云われている。
そっとしておいてくれたら、
ホントに子どもの夢、大人の夢が現実化したのかもしれません。

まあ、そんな気持ちになったサイパン旅行でした。

今度は、出来るだけ早く、
サイパンに全員集合したいといつも話し合っている。

ユウタとユウナはまだサイパンに行った事がない。
あの青い空と白い雲、七色に変わる海の色の中で、
孫たちがまた新しい遊びを覚え、
外国の地で何かを学んでほしいと願う
グランパとカミサンです。まさにワクワク探検の道のスタートになるはず。
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記