スポンサード リンク

2006年12月28日

ゲームとアニメ三昧!

ショウゴとケイスケは、朝早く起きる。
今朝は5時半頃起きて、昨日の続きのDVDの忍者モノのアニメNARUTOをみている。

勉強がすむと、パールとダイアモンドというゲームに夢中になり、夕方までやっていた。
明日からは、ゲームもアニメも時間制限されるだろうから、
「マアいいか!」という思い。

大きめの、分厚いスケッチブックを、何でもいいから画くようにと、
それぞれに渡した。
この冬休みの間に何を画くか楽しみの一つ。
絵でも、マンガでも、文章でも好きなように画くように云ってある。
二人とも、机に向かって何やら画き始めた。

ユウタとユウナの分がないので、ほしがったら大きめの紙を渡そうと思う。
紙と鉛筆さえあれば、
それぞれ楽しんでアレコレ画いて遊んでいるのがいつもの姿なのだ。
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 02:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記

一足早い冬休み!

ものすごい雨の中、車を飛ばして清里の山荘へ来ました。
一足早い冬休みをとるためですが、実は午後宅配が届くのと、
明日NTTのISDN工事に来るので、カミサンより早く来たのです。
同行者は、どうしても一緒に来たいといっていた、ショウゴとケイスケ。
そして、外出を嫌がるブルクンの二人と一匹。
ブルクンは途中、ニャーニャーとないて、
あきらめるまで時間がかかった。
いつもはカミサンのひざに乗っているのだが、
今日はケイスケの足元へ行ったり、助手席の毛布の上で丸くなったり、
どうも落ち着かない様子。

先日、アカゲラに破風に穴をあけられ、
それをふさいで帰ったのだが、小屋裏に入っていたらしく、
軒天に中から穴をあけられていた。
閉じ込められて、必死で脱出を図ったのだろう。
他にも2ヵ所ほど、外から穴をあけようとした形跡がみられた。
どうもアカゲラに気に入られてしまったようだ。
管理事務所の話によると、他にも大分やられた別荘があるらしい。
防禦にCDをぶら下げると良いとのコト。
光るものがあると怖がって近寄ってこないらしい。
早速、つけてみようと思う。

明日からは、カミサンたちが来る。
久しぶりに全員集合となる。大騒ぎの年末と年始になることだろう。
この数年、誰かが来られなくなり、全員集合になっていなかった。

大騒ぎの中でも、ムッチーグランパはPC三昧の予定。
ブレインダンプを実行して、
マインドマップをつくって、
いくつかの目的を果たし、
来年の飛躍を図ることが、
この冬休みのミッションだ。
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記

2006年12月24日

クリスマスイブの夜は!

「今夜はクリスマスイブ!
あなたと二人じゃーなんにもないから、
みんなを呼んだわ!」と
昼間、買い物から帰ってきたカミサンが云った。

わざと「せっかく二人でクリスマスイブを過ごそうと思ったのにー」と返したものの、
いつもの夕食とは違って大勢いたほうが楽しいに決まっている。
当然楽しみに待つことに。

午後遅い時間に、家の前の公園の雑木を切ったり、
整理したりで大汗をかいて早めのお風呂に入り、夕食を待つ。

ユウナたちがいないのは寂しいけれど、
ショウゴ、ケイスケ、ユウタ、カーカが来て、大騒ぎの夕食だった。

ユタが最近調子のりになってきて、
チョットのせるとまあ面白いこと面白いこと!

26日からショウゴとケイスケを連れて3人で清里の山荘へ行くのだが、
ユウタを誘うと珍しく一緒に行くという。

すかさず、カーカが 
『ユウタはウンチをすると「オシリきれい?」って見せに来るよ。
それでもいいの?』
当然、「そんなのダメだー!自分のことは自分でさせる!」といったら、
その後、ショウゴ、ケイスケ、ユウタは「オシリきれい?」の連発!
特にユウタは「オシリきれい!オシリきれい?」の連呼、連呼。

クリスマスイブにはふさわしくない言葉の連発でした。
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記

イルミネーション!

園長さんから「是非見に来てくださいよー!三多摩では一番ですからー!」
と云われて、
カミサンと「夕やけ小やけふれあいの里」のクリスマス イルミネーションを見に行った。

昼間は何度も行った所だが、夜ははじめて。
寒い中、真っ暗で狭い街道を車を飛ばして行ったのだが、
チョット ガッカリした。

というのは、
まず、駐車場への案内係のリードが最悪。
ヘンチャーズ(ベンチャーズの間違いではない)が演奏している会場内の
脇にある食べ物やが日本ソバと焼き餅などで全くクリスマスに合っていない。
いすやテーブルが少なく立ち食いソバ屋の状況。
そして、イルミネーションのデザインが古臭い。

これでは一度来た人は二度と来ないだろう。
イベントはリピーターを呼ばなければ成功とはいえません。

園長さんには悪いけれどそんな気がした夜でした。
来年に向けて、良いアイデアがありますから、今度伝授しますよ!
観光協会の会長さんにも伝えておきますからね。
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記

フードバレー構想!

ヤキソバ屋が155店あるという富士宮市へ、
まちづくりの進展状況を見学に行ってきました。
観光産業振興会議のメンバーが集って「フードバレー構想」を
進めている富士宮市の視察です。
「食を通した市民の健康と幸せづくり!」
と銘打ってのまち・富士宮市の説明を市職員が張り切って、
そして、得意そうに話すのを聞いてから、まちへ繰り出した。

ヤキソバは、生臭さとしょっぱさで今一でしたが、
お好み焼きはとても美味しかった(もともとお好焼き屋だったとのコト)。

・食の豊富な資源を生かした産業振興
・食のネットワーク化による経済の活性化
・食と環境の調和による安全・安心な食生活
・「地食健身」「食育」による健康づくり
・食の情報発信による富士宮ブランドの確立
をコンセプトにして、

市民主役のまちづくりを標榜している状況は大変面白いものでした。

ゴロ合わせにも感心しました。
身近な最高級豚の産地として、富士宮ポーク神社(ポークジンジャー)発
LYB豚(ルイビトン)のちらしやパンフが目に付き、大笑いでした。

でも、チョット辛口に云うと、
すそ野近くまで見える壮大な富士山の姿と
その富士山を背景にした浅間大社こそ、富士宮の財産のはず。

どんなことをやってもこの財産にかなうものはないし、
他のまちが望んでも絶対手に入らない、
富士宮市が誇るべき最大で最高の資産を生かす方法を
優先すべきだと思います。

「B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリ in FUJINOMIYA」が
6月2・3日の予定で、全国から10市ほど集って、
愛Bリーグ(ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会)が開催されます。

イベントをやるのはいいけれど、主催者側の自己満足のケースが多いもの。

本当の資産、財産を生かすべきとあえて言うのは、
富士山を持つ富士宮市がうらやましいこともあるのだが、
無理なことなのは承知の上で、
あの財産を生かせないなら、わがまちへ持って帰りたいとの思いがあるから。
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 05:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記