スポンサード リンク

2008年02月08日

自分をみつけたい人へ

癒しの言葉はいろいろありますね!

薄い小さな本ですが、
中身はズッシリと大きなものが詰まっています。

WORDS AND VERSE 「自分をみつけたい人へ」と題した本です。


続きを読む
タグ:葉 祥明
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記

2008年02月03日

雪の節分

午前2時半に起きた時には、すでに雪が降り始めていた。
明るくなった頃には、10cm以上は積もり、
まだまだ降り続いていて「今日は積もりそうだー!」という
感じでした。

zimusyo24.jpg
私の事務所の窓からは、一面の雪化粧をした公園の木々が樹氷に…!
美しい景色が目に飛び込んできています。

zimusyo27.jpg
この部屋からの眺めは最高です。
雪景色はもちろん、
春の芽吹き、
まばゆい新緑、
夏の濃い緑の木陰から吹く風、
秋の紅葉と一年中楽しめるのです。
この部屋、実は事務所の打ち合わせ室なのです。。
初公開でーす!!!

続きを読む
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | グランパの日記

2008年02月02日

もう2月です

早いもので、新年になってから早1ヶ月たちました。
2月は逃げる、3月は去ると云って
2月、3月はアットいう間に過ぎてしまうと云われています。
心して過ごしていきましょうね。

昨夜、ユウナから電話がありました。
「今日、注射したけど、ユウナ泣かなかったよ!」
「すごいね!がんばったんだ!」
「うん。ナオコは?」
「今お風呂だよ。後で電話させようか?」
「うん。バイバイ!」
昨晩は、たったこれだけの会話でした。
後で電話をかけたカミサンから聞くと、
テレビのマンガで可愛そうな場面を見て泣いていたそうです。
感受性がダンダン強くなってきているのでしょうね!


昼間は、保育園での豆まきで、
リアルな鬼の格好に驚いて大泣きしたとのこと。
園の人ではない方が鬼の格好をしていたそうです。
小さい子どもが多いのだから、
ユーモアある鬼さんになって欲しかったですね!
こんなことが、結構トラウマになってしまうことだってあるのですから。。

もっと気を使って下さいな!
鬼さん!

2月3日は節分の日です。
oni_mame_s.jpg
「節分」は本来、季節の移り変わることを指します。
立春・立夏・立秋・立冬の前日を指していました。
特に立春が1年の初めと考えられることから
次第に「節分」といえば春の節分を指すものとなりました。
立春を新年と考えれば、節分は大晦日にあたります。
前年の邪気を祓うという意味をこめて、
追儺(ついな)の行事が行われていました。
その一つが「豆まき」です。
追儺とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う行事のことです。
平安時代には、
陰陽師たちにより宮中で大晦日が盛大に行われ、
その後、諸国の社寺でも行われるようになったようです。

mamemaki_soft_s.jpg
豆をまくことには、鬼に豆をぶつけることにより、
邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあるんですよ。

豆を、自分の年齢(数え年)の数だけ食べましょうね。
また、自分の年の数より1つ多く食べると、
体が丈夫になり、
風邪をひかないというならわしがあるところもありますよ。
ムッチーグランパは、食べる豆の数が多くて…!。。。

marukaburi_s.jpg
恵方巻きも最近流行っていますね!
但し、のどに詰まらせないよう注意して下さいね!

節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位・今年は南南東ですよ)に向かって、
目を閉じて願い事を思い浮かべながら
太巻きをまるかぶり(関西方言で「まるかじり」の意)するのが
習わしとされている関西の行事です。
また食べている間は、無言でなければならないと云われています。

邪気を追い払い、無病息災を願うこの節分の行事に
子どもたちに思い出となることをしてあげて下さい!。。

チビと遊ぶ節分アイデイア
に面白いものが載っています。
カンタンなものですから、
明日の節分には充分間に合いますよ!
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 05:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記

2008年01月27日

清里にて

自分を見つめなおしたり、自分のたな卸しをすることは
とても大切なことです。
自分の棚卸しについて、メルマガで書いていますので、
興味がありましたら、メルマガグランパの「早起き生活」をお読み下さい!

まあ、そんな小難しいことを考えるまでも無く、
一人の時間を持つことの大切さは必要で、
自分の部屋や書斎を欲しがる
中高年のお父さんたちの気持ちは痛いほど分かります。

そんな時間を持つためと、
もう一つの理由があって、
今、冬の清里へ一人で来ています。

キツツキに狙われている我が山荘に
三度危機が襲っているので確認がてら来ました。
鳥たちも零下15度近くの気温には勝てないらしく、
穴はあけられていませんでした。
よかった!ヨカッタ!

ogawa07.jpg

我家の脇を流れる小川も凍って、上は雪で覆われています。
孫たちがもっと小さい時には、この小川で遊んでいたものです。


先程、テレビで、女子プロゴルファー賞金王の上田桃子が
1日の練習時間を聞かれて、
試合の無い日は「朝8時から夜7時まで、
ほとんど休憩を取らず練習しています」って答えていたけど、
プロは凄いねー!
彼女21歳でしょう!
それに比べて、
自分の生活は?
甘すぎるー!って思ってしまいましたね。
反省、反省です。
気合を入れ直しますよ。。。!

いくつかの資料を持ち込んで、合宿状態で進めているのですが、
上田桃子のようにはやっていませんでしたから・・・。

ガソリンを入れに行った帰りにチョット寄り道しました。

yatsu20.jpg

八ヶ岳高原大橋からの八ヶ岳一望です。

昔、登山経験が多少あり、剣(つるぎ)が最後の登山でした。

5月の連休に先輩と二人で行き、
吹雪にあってひどい目にあったことを思い出します。

雷鳥沢で、グリセードの練習時、
急に晴れ間が出たので登山中止を破って剣まで!

帰りに猛吹雪に合い危うく…に近いことも!

大騒ぎになっていた山小屋へ戻って、
大目玉をくらったことも、今ではいい思い出ですが・・・!!

清里に山荘を建てた時は、
この八ヶ岳連峰の征服をと考えたこともありましたが、
今はこうやって眺めるだけとなってしまいました。

反対側には、遠く富士山も見えました。

fuji23.jpg

富士山、早く世界遺産に登録されるといいのですが、
相当なゴミの山になっているとのことですね。

ボランテイアだけではもう処理できないのでは!?

国や自衛隊の力を借りて、山梨県、静岡県もともに協力して
富士山清掃大作戦で一気にキレイにすべきでは!と、
ここでも強く思いました。


ところで、自分で撮ったこの写真を見て、
この風景写真のバランス、何処かで見た記憶が・・・。
東山魁夷の絵(富士山ではありません、手前の山並みです。)にあったような!

暖炉のまきが不足したので
ベランダ下に確保してある樹木を、
暖炉で使える大きさにチェンソーで切りそろえました。
これで、しばらくは安心して作業に取り組めます。

posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記

2008年01月20日

ハッピーバースデイ!

ユウナが帰るので、コロッケパーテイーだった夕食後、
家にあったカステラを利用して、いつの間にかケーキが出来ていた。

yuna77.jpg

いつも思うのだが、
我家の女性群は、生活の天才かと思うほどアイデイア一杯だ。
あまったもので作る料理や
他の生活必需品がアット云う間に出てくるから不思議!!。

ケーキが出てきたので、ユウナは今夜も大喜び!

yuna70.jpg

ショウゴ、ケイスケ、ユウタもご相伴にあずかって、
これまた大喜びでした。
buru71.jpg

ブルクンは、いつもの通り棚の上に避難して、
迷惑そうにしていました。

遊びたりないようでしたが、明日があるので、バイバイ。
カミサンが車で自宅まで送っていきました。

ご苦労様でした。
posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記