スポンサード リンク

2013年02月07日

物忘れかど忘れか!

記憶力がモット良ければと思っている人は
とても多いです。
わたくしもその一人ですが…。

考えてみると
今の世の中では、
記憶力を試す試験が
多いからかもしれません。

単語やスペルを覚えても
チットモ話すことができない
日本の英語という科目。

方程式を覚えても
日常生活にはほとんど役立たない
といわれる数学etc,etc

でも
記憶力査定社会からの脱出を求める動きも
あちこちでありますが・・・。

つまり
知識は大事ですが
知識を知恵に変えることが
実社会に求められていることからも
それが感じられますね。

「最近、物忘れが激しくって」とか
「あー、チョットど忘れした」
なんて云っていませんか?

これは
記憶と関係しているということを
聞いたことがあります。

記憶には

新しいことを覚える「記憶」と

覚えていたことを思い出す「想起」

があることは良く知られています。


そして

「物忘れ」は

新しいことを記憶する能力、

つまり記憶力が低下したことを意味

します。

「物忘れが・・・」と云う時は
新しいことを覚えにくくなったことを
表しているのです。

「ど忘れ」は

「想起」すなわち、

思い出す力が低下していることを示しています。

この場合、何かきっかけがあれば
思い出すことができます。
「物忘れ」も「ど忘れ」もしたくないものですね。

「記憶」と「想起」
どちらもある程度シャットアウトはできます。

「ど忘れ」の時は

雰囲気や気分転換を図り

「物忘れ」の時は

リラックスすることが良い
のです。



posted by グランパ@宮瀬睦夫 at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/319517171
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック